音楽の新しい価値を創る!

【プライベートスタジオDIY特別編~スタジオ機材購入奮闘記(その4)】

 
プライベートスタジオ
この記事を書いている人 - WRITER -

 

今回は
『スタジオDIYシリーズ特別編
~スタジオ機材購入奮闘記(その4)』

 

ということで、
スタジオSOUNDBIRDの
機材購入にあたっての
涙なしには語れない物語の続編です!

 

 

前回のお話でお伝えした
大量の機材を購入するお話、

 

その続きです♪

 

 

大阪へと向かった友人と僕の2人は、
車で約10時間をかけて到着。

 

運転で疲れたその足で
大阪の行きつけのライブバーへ!

 

それからセッションがスタート♪
大阪の夜は熱い!

 

 

さすがに疲れたのでしょう、
友人はカウンターで夢の世界へ・・・。

 

 

熱いセッションを終え、
予約していたホテルへと戻り
次の日、いよいよ本番!(笑)

 

 

機材の運搬に関しては、
こちら側でトラックを準備する
という方法も考えたのですが、

先方の付き合いもあり、
慣れない土地であるという事も
あったので、

紹介していただいた業者さんに
お願いする事になっていたんです。

 

 

そうして
まずは当日の朝からスタジオ内の
機材をチェックする作業から
始まったのですが、
さすがに品数が多い!


 
共同購入のため、
振り分けた機材のそれぞれに
色の違うテープを貼っていく作業を
急ピッチで進めていきます。

こうして
大量の機材に目印のテープを貼り終え、
外へ出してを振り分ける作業。

 

 

ここまではスタッフさんも手伝ってくれて、
ドンドン進んでいきます。

外へ出されて積み込まれる機材たち。

 

ここまで順調に思えた機材積み込みは
ここから山場を迎えます。(笑)

 

 

なんと、配送業者のトラックの
運転手さんはたったの1人。

 

しかも、
「機材の運搬には慣れているから大丈夫」
と説明されていたので、
安心して次々と運び込んでいたところ、

 

大物(大きい機材)をある程度
積み込んだ時点で確認すると、
キャスター付きのキャビネットを
キャスターを下にしたまま載せている。。。

 

これでは大阪から福岡の距離を運ぶ間に
キャスターが壊れてしまう!

 

到着するまでに壊れてしまっては
元も子もないので、
一からやり直し。(苦笑)

 

実際のところを本人に聞くと
「ハードケースや段ボールに
入っている物しか運んだ事が無い」
とのこと。

 

さすがにガックリと肩を落とすも、
このままでは予定している時間までに
出発する事ができなくなってしまう。

 

そうなれば、
福岡でお願いしている
荷物の積み下ろしを手伝ってくれる
後輩たちにも申し訳ない。

 

 

ということで、
バタバタと積み方を指導しながら
ガンガン積み込んで行く。

 

 

もう夕方になろうかという頃
ようやく積み込みが終了。

 

 

「トラックの荷台まででいい」
と言われていた積み込み作業は、
ほとんどを僕と友人でやることに。

 

 

それでもなんとか積み込みを終え、
ヘトヘトのまま帰路へ。。。

 

 

ここから福岡まで10時間以上の道のり。

 

 

友人と二人で笑いながら、
体力だけはつけとかないと!
という事で焼肉屋さんへ。

 

 

こうして大阪での作業を終え、
福岡の久留米へと向かうのでした。

 

 

 

さて、今日のお話はここまで♪

 

 

『スタジオ機材購入奮闘記』は
まだまだ続く!(笑)

 

 

常に音楽に恋し続け、
心を動かすサウンドと仲間に
出会い続ける方法を知りたい人の情報マガジン

【大人のための理想のプライベートスタジオ構築〜一生音楽に恋し続ける方法365〜】
SOUNDBIRDメルマガの登録はコチラから♪

 

ご興味のある方はぜひご登録しておいてください。

 

 

それではみなさん
楽しい音楽ライフを!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© SOUNDBIRD BLOG , 2017 All Rights Reserved.